ウヅラの酢は日本の米を原料として添加物を使用していないこだわりの酢です

会社案内

ごあいさつ

次の100年も変わらぬ品質を

当社は、岡山県井原市でお酢・ドレッシングなどを製造する、大正8年創業の調味料メーカーです。

創設者 片山橘治は、日露戦争後、困窮する農家の人たちの役に立ちたいという思いをずっと持ち続けておりました。そして、大正初期、全国的に起こり始めていた産業組合(後の農業協同組合)運動にいたく共鳴し、産業組合運動の先覚者と親交を結ぶようになりました。折しも、生家で画期的な濃厚酢(酢の素)を開発したころでした。
橘治は、このお酢を通じて組合運動の一翼を担いたいと、大正8年、産業組合専売のシステムで酢の販売をスタートしました。ウヅラ酢の誕生です。こうして、“酢一筋・農協一筋” を貫き、皆様に満足していただける酢を醸造する日々が始まりました。

時は過ぎ、ウヅラ酢の素が多くの方に愛される商品に成長したころ、日本は高度経済成長期をむかえていました。高度経済成長期にはいると、世の中では食品の不当表示が多発し、全国農業協同組合連合会はこのことに危機感を抱きました。そして、昭和46年、全国農業協同組合連合会は食の安全を守るため、自ら品質保証の印“エーコープマーク”を制定し、その際、大興産業の酢はいち早くエーコープマーク品にご指定いただきました。大興産業の酢の品質の良さ、誠実な姿勢が評価されたのです。(以来、“エーコープの酢” は当社が一手に醸造させていただいております。)

そのため、それ以降は多くの商品をエーコープマーク品として販売し、長らくウヅラブランドとしての取扱いはしておりませんでした。しかし、近年、当社商品の取扱店の問い合わせが増え、ぜひ市販してほしいとのありがたいお言葉を多くいただくようになりました。その要望にお応えすべく、ウヅラブランドにて、市販・ネット販売の開始を決意した次第でございます。

これからも、安全安心を第一に、国産原料を優先使用、お客様のニーズに合った酢造りができるよう、日々取り組んでまいります。皆様の “健康でゆたかな食生活” のお手伝いができることを念願いたしております。

代表取締役 猪原 實