ウヅラの酢は日本の米を原料として添加物を使用していないこだわりの酢です

沿革

沿革

大正 8年 創設者片山橘治は、開発された濃厚タイプ食酢(酢の素と称す)を産業組合一手販売としてスタートする。
大正11年 大興産業株式会社を設立し、製品「ウヅラ酢の素」と名付ける。近県の産業組合連合会と次々に契約を結び、全国的に販路拡張する。
昭和13年 片山 進が代表取締役専務に就任する。
昭和19年 食酢も統制品目となり、生産、販売共に国の指示に従う事となる。
昭和24年 統制解除により、戦前通りおおむね全国各県連と取引復活。
昭和25年 農協系統再建整備法により、食酢代金の債権放棄の余儀なきに至り、当社も倒産寸前に追い込まれる。
昭和26年 各県連の組織購買が活発となり、酢の素も重点品目となる。
昭和30年 全国購買農業協同組合連合会の取り扱い品目となる。
昭和46年 当社生産の食酢全種類がエーコープマーク品に指定される。
昭和50年 凍結濃縮法を開発。日本で初めての濃縮タイプの醸造酢(穀物酢)五倍酢を発売。
昭和55年 JAS認定工場に認定される。
昭和63年 創立70周年記念「全国ふるさと酢料理」編纂、出版
平成 4年 食品衛生改善向上により知事表彰を受賞。
平成 6年 ゆとり創造により県労働基準局長表彰を受賞。
平成 8年 食品衛生改善向上により厚生大臣表彰を受賞。
平成15年 猪原 實が代表取締役に就任。
平成16年 耐震構造新社屋完成。
平成17年 有機JAS認定工場に認定される。
平成20年 創業90周年記念事業として、ISO22000取得に取り組む。
平成21年 CO2 削減のため太陽光発電パネル510枚(102kw)設置。
平成22年 ISO22000の取得工場に認定される。ISO2200
平成23年 東日本大震災に対し、山陽新聞社会事業団を通じ一千万円を寄託。
平成25年 耐震構造の倉庫新築
平成27年 通信販売開始